スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

断熱材 

昨日、コメントで断熱材の質問を頂きましたのでちょっと断熱材について調べ考えてみました。

無機繊維系(グラスウール等)
ガラス原料や鉱石を溶かして繊維にした断熱材。
利点……安価で施工がしやすい。燃えた時に有毒なガスを出さない。断熱材の中では最も多く使用されている。
欠点……中にはホルムアルデヒドを含むものも。施工の仕方によっては結露により壁の中が腐ることもあり。

有機発泡系(ウレタン等)
プラスチックを発泡させた断熱材。
利点……薄くても高い断熱効果(外側に貼り付ける工法に適す)。ホルムアルデヒドは含まない。隙間なく施工できる。水を吸ったりしない。
欠点……種類によっては燃えた時や製造過程、処理過程で、有害物質が出るものもある(フロンなど)。

木質繊維系(セルロースファイバーな等)
木材繊維を主原料としてつくられた断熱材。
利点……ホルムアルデヒドを含まない。製造過程で有害物質も出ない。調湿効果が高い。隙間なく施工できる。廃材処理の時に困らない(自然に還りやすい)。
欠点……水害の時など施工によっては水を吸ってしまわないか心配。価格がちょっと高め。

その他にウール(羊毛)の断熱材などもありますが、利点や欠点は木質繊維とだいたい似たような感じかな?。

断熱材それぞれに「良いところ」と「悪いところ」があり、どれを使うかは施工会社次第。何か考えがあっての採用だと思います。。
また、施工の仕方が悪いと折角の長所が生かせないこともあるので……やはり最後は施工会社のなんでしょうね。
スポンサーサイト

[2006/01/30 18:20] 住宅設備 | TB(0) | CM(4)

早速ありがとう。

断熱材と言ってもいろいろあるんですね。
うちはもうほとんどお任せなんで
あんまり調べもしなかったんですけど。
燃えると有害物質が出るのは怖いですね。
グラスウールは怖いって勝手に思ってましたし・・(笑)
[2006/01/31 00:06] kako [ 編集 ]

そうなんですよね。結構種類があるんですよ。
でも断熱材まで気にして家を建てる人はちょっと前までは殆どいませんでした。
最近、自然素材や健康ブームで見直されてグラスウール以外の断熱材が出始めましたが、断熱材って本当に重要みたいですよ。
うちはセルロースファイバーを選びましたが、どんな感じなのかとても楽しみです。
[2006/01/31 19:09] メロウ [ 編集 ]

健康住宅(株)さんが使っているのなんかよさそうですよ。
[2006/02/10 12:47] FJ [ 編集 ]

FJさん

コメントありがとうございます。
確か、ネオマフォームの外断熱ですよね。
外断熱も賛否両論ありますね。
木造には向かないとか、暖かい地域には必要無いとか……(本とかネットとか。
でも、冬はとても暖かくて良いですよね。
何を選ぶか、長く住んでからわかることなんでしょうね。
でも、家を何度も建てられませんけど(^▽^;)。

[2006/02/10 18:31] メロウ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aomi910.blog23.fc2.com/tb.php/33-32fa7891







 
 にほんブログ村 雑貨ブログへ
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。